どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。

この記事では、約1か月間運用した
トライオートETFの結果と、運用を止める理由を公開します。



始めたときの記事はこちら


最終結果


IMG_20180922_102528

預入証拠金 300,000円
確定利益 +19,171円
評価損  -15,351円
差引損益 3,379円(1.12%)


月利1.12%は優秀ですね・・ってこいつはそんなに可愛らしいものではありません。

1ヶ月運用してみてわかりました。

運用といってもたまにポジションの状況をチェックするだけで、とくに何もしなかったんですけどね。


運用していた内容


運用しているのは、ナスダック100トリプル_スリーカードを5口。

推奨証拠金は約18万円のところ、30万円預けて取引を開始しました。

2014年から運用していた場合のバックテストはこんな感じ。

IMG_20180923_151717

5年弱で70.96%の収益率は凄い!と思って運用を始めました。


最近の相場の動き


日足チャートはこんな感じ。

IMG_20180923_124647

ダウ理論そのもののような、綺麗な右上りのチャートですね。

チャート上にある赤い上向きの三角が買いポジを建てたポイントです。

画像では確認出来ませんが、チャートの頂上付近で約定した7つの買いポジを抱えています。

現在、9つある自動倍々のカードの内7つが塩漬けになっており、その含み損が15,351円ということになります。


確定利益 の19,171円はというと、ほとんどが8月後半の価格上昇時に新規、決済の自動注文の約定を繰り返したものです。

あっという間に2万円近く利益が出たと思ったら、その後の下落で3万円以上の含み損が出て、現在に至るという感じでした。

ナスダック100トリプル_スリーカードを放ったらかしで運用している人は、口数の違いにより金額は違うでしょうが、皆同じ結果になっているはずです。


上昇相場に強いロジックのスリーカードで運用し、上昇から上昇前の位置まで下落という相場の動きを体験したわけです。

その時点で確定利益より含み損の方が大きかったことに僕は違和感を覚えました。


過去のナスダック100トリプルのチャート


これは最近10年位のナスダック100トリプルのチャート。

IMG_20180818_164353

今年の始めに暴落、というより急上昇からの下落があったものの、ものすごい勢いで上昇しています。

色んな人が米国株だけは別格だというのも頷けます。

だだし2014年から2017年位の期間はレンジ相場を形成し価格が停滞していたようですね。


ここでもう1回ナスダックトリプル100_スリーカードを5口運用していたときのバックテストの結果を貼ります。

IMG_20180923_151717

2014年から2017年までの価格停滞期の利益はやはり低いですね。

2017年からは実現損益をぐんぐん伸ばしています。

しかし、2018年始めの価格下落では、スリーカードの実現益+評価損益のグラフが、実際のナスダック100トリプルのチャート上の下落幅よりも大きく下落しています。

つまり、下落相場にはめっぽう弱いと。

まあこれは始める前から分かっていたことです。


トライオートETFのデメリットに切り込む!


僕は気付いてしまったんです。

あれ?ていうかこれ、自動売買繰り返すよりずっと買いポジ持っていたほうが普通に増えてるじゃん。ということに。

2014年からナスダック100トリプルの買いポジ握ってればレバレッジ1倍でも利益率500%超えてますね。

レバ2倍なら1000%!

対してトライオートETFを推奨証拠金で運用した場合は、けっこうなレバレッジを掛けているのに、同期間の利益率は70.96%。

スリーカードは、上昇相場に強いロジックというのが売りだと思うんですが、現在進行中の上昇相場に当て嵌めてみても、低レバでロングを握っているほうが利益が見込め、しかも安全です

始める前に気付けよ僕・・・


繰り返すと、トライオートETFは、上場相場に強いロジックのはずなのに上場相場時に自動売買を繰り返した利益が、ただロングを握り続けていた場合の利益より大幅に少ないのです。

こう考えると、手数料を払いながら自動売買を繰り返す意味はありませんね。


もっと過去のナスダック100のチャート


これがここ30年位のナスダック100のチャート。

ナスダック100トリプルが無い時代からのチャートですが、ナスダック100トリプルはこれより激しい動きになります。

IMG_20180923_145919

2000年頃の暴落がITバブルが弾けたときで、2008年頃の暴落がリーマンショックですね。

こういった大きな暴落もいずれは必ず発生します。

ITバブルが弾けたときは70%位の暴落、リーマンショックのときは50%位の暴落ですね。

自動売買で利益を重ねて行っても大きな暴落が来ればロスカットされるでしょう。

逆にロスカットされない位の証拠金を預けての運用は、効率が悪すぎると思います。

それこそ自動売買ではなく、レバ1倍でロングを握り続けた方がいいです。


まとめ


以上のような考えから、僕はトライオートETFからの撤退を決めました。

今回の運用での収穫はETFについて勉強出来たことですね。

今後、機会があれば米国株や英国株のETFにもチャレンジしてみたいです。

いずれ暴落はあるでしょうから暴落後に資金があれば買ってみるかもです。


トライオートETFで運用していた資金は、全てトライオートFXに回すことにしました。

そちらの運用方針などは次回の記事で!

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。



この記事は【トラリピでクソポジを救え!】の運用1週目の経過報告になります。


企画の内容は、クソポジを抱えてる通貨ペアで逆張りの手動トラリピを繰り返しつつクソポジの解消を目指すというものです。


企画内容の詳細はこちら

手動トラリピについてはこちら


今週の確定利益


今週の逆張り手動トラリピ確定利益は19,466円でした!

日足チャートはこんな感じ。
IMG_20180922_171519

かなり円安方向に動いた1週間でした。

ちなみにこのブログではファンダメンタルズ的な解説はしません(出来ません)。

それでは通貨ペア別に見ていきます。


豪ドル/円(売)


3,969円

IMG_20180922_173010

並べる間隔も利幅も50銭ごとでやっています。

最初は深く考えず5000通貨で始めたんですが3000通貨に減らしました。

円安方向に強く動いた1週間でしたが、細かい反発時に2回利確してくれましたね。


ユーロ/円(買)


15,497円

IMG_20180922_173133

IMG_20180922_173100

こちらも並べる間隔、利幅ともに50銭の設定です。

5000通貨で始め、現在は3000通貨に見直しています。

円安方向に動いたので、かなりの利益を出してくれました。

まあクソポジの含み損も激増してるんですけどね。


クソポジとトラリピポジションの推移

現在(2018.9.22)

クソポジ -865,050円
トラリピ -35,934円

IMG_20180922_171605

※ミニ米ドルはこの企画の対象外

企画開始時(2018.9.14)

クソポジ -873,325円

IMG_20180914_180550




まとめ


トラリピ利益 +19,446円
トラリピ含み損 -35,934円
クソポジ含み損 -865,050円

最初の週から為替が大きく動きました。

いきなりけっこうなトラリピ利益が出ましたが、それ以上にトラリピの含み損も出ています。

クソポジの含み損は豪ドルとNZドルが減り、ユーロとスイスフランは増え、トータルではあまり変わっていません。

始めて1週間なので目に見えた結果は出ていませんが、気長にやっていこうと思います。


以上、【トラリピでクソポジを救え!】運用1週目の経過報告でした!

▼翌週の経過報告▼

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事では僕の実践している手動トラリピの2018年8月の実績を公開していきます。


手動トラリピの運用方法についてはこちら


2018年8月の手動トラリピの実績


+16,124円

2018年 月別利益  累計利益  為替評価損益 
2月 11,025  11,025  -32,634 
3月 19,295  30,320  -52,175 
4月 20,656  50,976  -380 
5月 25,526  76,502  -35,280 
6月 31,967  108,469  -1,190 
7月 16,635  125,104  -7,445 
8月 16,124  141,228  -16,060 


トラリピ201808

今月も僅かですが安定した利益を出してくれました。

5月・6月頃の利益が良く出てるのは、ドル/円が110円以下で推移していた期間が長かったからですね。

7月以降、ドル/円はほぼ110円以上で推移しています。

IMG_20180903_072604

僕の手法だと、同じ値動きをするのであれば、ドル/円が110円以下のときの方が利益が出るんです。


ネコキングの手動トラリピの手法


僕の現在の手動トラリピのルールは次のとおりです。
  • 通貨ペアはミニ米ドル/円
  • 建てるポジションは「買い」のみ
  • 0.1円毎に注文を並べる
  • 利幅も0.1円
  • 1ドル110.1円以上のときは1単位
  • 1ドル110円以下のときは2単位
  • 損切りはしない

▼詳細はこちらの記事▼

4月以前もドル/円は110円以下で推移してましたが、そのときは110円以下のときも1単位で取引をしていました。


今のところ、僕の手法では毎月15,000円~30,000円の利益が出ています。

含み損は一番多かった時期で52,000円位でしたので、かなり効率の良い資産運用だと思います。

資金に余裕のある方は、僕の手法の取引単位を増やせば、利益も比例して増えます。

ただしこの場合、当然、リスクも増えますので注意が必要です。

現状安定している僕の手法でさえ、仮にドル/円のレートが80円まで暴落したら、900万円の含み損を抱えることになります。


株を持っていれば現金元手なしでFXができる


株を持っている人なら、株を担保にすれば現金の元手は0円で始められます

僕も元手0円で始めました。

▼詳しくはこちらの記事▼
 

この方法なら、株を担保に手動トラリピなどのFX取引を始め、月末時点で損失(含み損を含む)があった場合にはその損失分だけを翌月までに現金入金すればいいのです。

担保にした株からも配当や株主優待は受け取れますので、効率的な資産の運用方法といえます。


以上、2018年8月分の僕の手動トラリピの実績でした。


翌月の結果はこちら

どうも、夏休みボケのネコキング(@king_of_cat)です。


折角ブログを始めたということもあり、新しい投資にチャレンジしたい!

ということでトライオートETFとトライオートFXを始めました。


トライオートって?


トライオートETF(FX)とは、インヴァスト証券が提供する投資商品で、ETF(上場投資信託)又はFX(外国為替)をシステム的に自動で売買してくれるものです。

自動売買を提供している業者は結構ありますが、トライオートは自動売買の種類がいくつも用意されているのが魅力ですね。

IMG_20180817_220850

例えば、スリーカードなら、3種類の自動売買を組み合わせています。

それにより、相場の上昇局面では多く注文を入れて利益を出し、下降局面では注文を抑えてリスクを減らせるようになっています。


また、ライジングは2つの自動売買を組み合わせ、上昇局面でより多くの利益が出るよう設計されています。


ユーザーは用意された自動売買の中から好きなものを選べば良いだけなので、複雑な設定を組む必要ありません。

簡単に出来る自動売買ですので、初心者の方にもおすすめです。


トライオートの注意点


トライオートに限らずレバレッジ取引には適切なリスク管理が必要です。

IMG_20180818_090701


トライオートは、自動売買の種類を選択すると推奨証拠金が表示されます。

この推奨証拠金は、あくまで証拠金の目安であり、この金額の証拠金を預けておけばロスカットされないというものではありません。


推奨証拠金の範囲で運用していても強めの暴落があればロスカットされます。


IMG_20180818_091142

上の画像は、トライオートで選択した自動売買の設定を、過去の相場に当てはめたときのグラフです。いわゆるバックテストですね。

トライオートは常に一定程度の評価損を抱えながら実現利益を積み上げて行くものであることがわかると思います。

相場は上下を繰り返すものであることに着目し、少額の注文を沢山並べ、利益が出たポジションはある程度で精算して利益を確定し、損失が出ているポジションは利益が出るまで抱えておくというロジックで運用することになります。

他の証拠金取引にもいえることですが、ロスカットされては台無しなんです。


IMG_20180818_094641

画像は運用開始1日目の僕のトライオートETFの運用状況です。

有効証拠金額100,819円の右の「448.08%」というのが証拠金維持率で、これが100%を下回るとロスカットされます。

相場の下落時、この証拠金維持率が下がってきた場合には、追加資金を入金するなどの対応が必要です。


相場は急変するものですから、暴落してから追加入金しようとしても間に合わないかもしれません。

あらかじめ推奨証拠金以上の金額を預けておくことが無難です。

完全にほったらかしで運用するのであれば、推奨証拠金の2倍位の証拠金を入金しておいたほうがよいと思います。

それくらい入金していれば少しくらいの暴落には耐えられるでしょう。

だだしリーマンショック級の大きな暴落には耐えられないと思います。
 

トライオートの始め方


トライオートを始めるには、まずはインヴァスト証券にトライオート用の口座を開設します。

口座開設はインヴァスト証券のHPから申し込みます。

住所・氏名などの入力後、免許などの本人確認書類とマイナンバーカードをアップロードします。

申し込み自体は5分位で出来ます。


その後、簡易書留で口座開設完了の案内文が届きます。僕が申し込んだ時は3日位で届きました。

届いた文書にIDと仮パスワードが記載されてますので、それでログインし、パスワードを設定します。

ネットバンクに口座がある人は、即時入金サービス(手数料無料!)を利用すれば、文書が届いたその日から取引が開始できます。

つまり、申し込みから3日位で取引を開始できるということですね!


いざトライオートを開始!


とりあえずインヴァスト証券に48万円入金し、トライオートETFの口座に30万円、トライオートFXの口座に18万円入れてみました。

IMG_20180818_152802

僕が選んだ自動売買は、トライオートETFの「ナスダック100トリプル スリーカード」を5口とトライオートFXの「コアレンジャー 豪ドル/NZドル」を1000口です。


ナスダック100とはナスダックに上場する時価総額上位100銘柄の時価総額の平均額で、アメリカの代表的な株価指数です。簡単にいうと日経平均のアメリカ版のようなものです。

トリプルとは、ナスダックの3倍の値動きをするように設計されたETFのことです。

IMG_20180818_164353

画像はここ10年位のナスダック100トリプルのチャートです。ナスダックの指数は基本的には右肩上がりになるものという前提で、トライオートETFの自動売買では、買いからしか入りません。

買いの注文のみを自動的に並べて、売買が成立するたびに注文を繰り返し、含み益を抱えつつ利益を重ねていくのです。


次に豪ドル/NZドルとは、オーストラリアドルとニュージーランドドルの為替相場のことです。

この2つの国はお隣同士の国で、対ドルや対円の為替の動きも似たような動きになることで有名です。

IMG_20180818_164429

上の画像は直近5年位の豪ドル/NZドルの為替チャートで、大体1.00~1.17という非常に狭い範囲で上下しています。

今後も狭いレンジの中での値動きが想定されるので、トライオートFXでは、そのレンジの中心部分では買い売りの指値を沢山並べています。これがコアレンジャーの名前の由来ですね。

そしてレンジの上の方では売りの指値のみを、レンジの下の方では買いの指値のみを適度に並べています。

わかりづらいですが、画像の右側に黄色い塊や三角の表示がありますが、それが指値を並べている位置になります。


IMG_20180818_090701

それぞれの推奨証拠金は画像のとおりで、合計で311,470円です。

480,000円入金しているので、それなりの暴落が来ても耐えられると思います。


IMG_20180818_152020

この設定でバックテストしてみます。

2017年1月から2018年8月までの1年7か月分のバックテストでは、期間総合損益で「+170,903円」、推奨証拠金に対する期間収益は「+54.87%」とかなり優秀な成績を叩き出しています。


IMG_20180818_151921

さらに2014年1月から2018年8月までの4年8か月のバックテストを見てみます。

期間収益率は「169.57%」と年平均35%近い数字になっています。

線のグラフが実現益+評価損益を表していますが、このグラフはきれいに右肩上がりになっています。

また、含み損は、多い時期でも10万円強くらいしかありません。

ここまで収益が安定しているなら、実現利益の一部を再投資して少しづつ口数を増やし、複利のような形で運用すれば、期間収益率はもっとあがるものと思います。


とりあえずこの設定で運用を開始して、しばらく様子を見ようと思います。

運用状況は定期的にブログで公開していきます。

↑このページのトップヘ