どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事は、ポイ活中級者である僕がポイ活の経過と実績を報告していく記事です。

はじめに

ポイ活してますか?


ポイントサイトのことは前からなんとなく知っていたんですけど良く調べもせずスルーしていました。

しかし2019年の初め頃、ポイントサイト経由でクレジットカードを発行すると10,000円相当以上のポイントを貰えるものがある!しかもポイントは僕の大好きな楽天ポイントや現金に交換できるということを知りまして。

これはやらなきゃ損!

というわけで、この記事はポイ活中級者の僕が案件の経過や実績を報告していく記事になります(=^・^=)


ポイ活の経過&結果

合計 87,000円 獲得!


※2022年の実績
※必要経費差引後
※以下、最新の申込順に掲載

モバレコAir


2022.7.30 モッピー経由で申込み




岡三オンライン 暗号資産CFD


2022.6.10 モッピー経由で申込み


2022.6.30 ポイント付与 10,000円獲得!

スカパー

2022.5.9 モッピー経由で申込み


2022.5.30 ポイント付与 7,000円獲得!

ビューゴールドプラスカード


2022.4.16 ちょびリッチ経由で申込み


2022.5.6 ポイント付与 22,000円獲得!
(費用 年会費11,000円)

三井住友ビジネスオーナーズ


2022.4.7 ハピタス経由で申込み


2022.4.16 カード受領(簡易書留)

2022.4.28 ポイント付与 21,000円獲得!


おうちでんき


2022.3.30 ちょびリッチ経由で申込み


2022.5.5 ポイント付与 12,500円獲得!

OCN光


2022.3.13 ポイントタウン経由で申込


2022.4.27 ポイント付与
17,500円獲得!

三井住友カード ゴールド(NS)

2022.1.21 ポイントインカム経由で申込


2022.2.25 8,000ポイント獲得

フォビジャパン

2022.1.4 ポイントインカム経由で申込


2022.3.30 無効判定

2022.3.30 サポートへ問い合わせ

この記事は随時更新していきます。



2019年は、29個の案件に取り組み335,200円ゲットしました!
2020年は、12個の案件に取り組み162,000円ゲットしました!
2021年は、8個の案件に取り組み72,600円ゲットしました!

関連記事

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事は、ポイ活中級者である僕がポイ活の経過と実績を報告していく記事です。

はじめに

ポイ活してますか?


ポイントサイトのことは前からなんとなく知っていたんですけど良く調べもせずスルーしていました。

しかし2019年の初め頃、ポイントサイト経由でクレジットカードを発行すると10,000円相当以上のポイントを貰えるものがある!しかもポイントは僕の大好きな楽天ポイントや現金に交換できるということを知りまして。

これはやらなきゃ損!

というわけで、この記事はポイ活中級者の僕が案件の経過や実績を報告していく記事になります。

ちなみにクレカやFXなどの高額案件を狙っていきたいのですが一昨年頑張りすぎてやる案件が・・

日々、美味しい案件を探しています(=^・^=)


ポイ活の経過&結果

合計 72,260円 獲得!


※必要経費差引後
※以下、最新の申込順に掲載

ファミマTカード

2021.11.1 ECナビ経由で申込み


2021.12.7 ポイント付与
7,500円獲得!


イオンカード【コスモ・ザ・カード・オーパス】

2021.10.15 ポイントタウンから申込み

2021.10.29 ポイント付与
8,000円獲得!

この案件の詳細はこちら

GMOクリック証券FXネオ

2021.8.26 ECナビから申込み

2021.10.13 ポイント付与
5,000円獲得!
(費用120円)

この案件の詳細はこちら

FXプライム byGMO

2021.6.12 モッピーから申込み

2021.8.13 公式キャンペーン報酬
4,000円獲得!

2021.8.26 ポイント付与
5,000円獲得!
(費用1,440円)

2021.11.8 みんチャレ分ポイント付与
3,000円獲得!

この案件の詳細はこちら

PayPay証券

2021.6.11 ハピタスから申込み

2021.6.30 4,320円獲得!

この案件の詳細はこちら

某クレカ案件

2021.3.18 ライフメディアから申込み

2021.3.30  13,000円獲得!

三井住友カードナンバーレス

2021.2.2 ECナビから申込み

2021.2.26 ポイントサイト報酬 10,000円獲得!

2021.3.25 公式キャンペーン ギフトコード着弾 1,000円相当獲得!

この案件の詳細はこちら

リミックスでんき

2021.1.17 ECナビから申込み

2021.2.17 13,000円獲得!

この案件の詳細はこちら


2019年は、29個の案件に取り組み335,200円ゲットしました!
2020年は、12個の案件に取り組み162,000円ゲットしました!
関連記事

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「GMOクリック証券FXネオ」の口座開設を「ECナビ」から申し込んでみました。

GMOクリック証券FXネオ

案件の詳細

Screenshot_20210826-064431_1
Screenshot_20210826-065857_1

ポイントサイト

ECナビ

獲得(見込)ポイント

8,000円相当

必要経費

見込60円(ドル円・ペソ円スプ0.2銭×3万通貨)

経過&実績

2021.8.26 6:55 申込み



2021.8.26 7:30 予定明細に載ったことを確認

Screenshot_20210826-074004_1

2021.8.30
口座開設完了
即時入金し、3万通貨取引完了
取引損失120円

2021.10.13
ポイント付与 5,000円獲得!

2021.11.8
みんチャレ分のポイント付与
3,000円獲得!

感想とか


ECナビ経由でGMOクリック証券FXネオに口座開設し、3万通貨取引で5000円。


報酬はずっと5000円固定でしたが、8/23〜8/27まで「みんなのチャレンジ」開催中で報酬3000円上乗せでしたので突撃しました。

ドル円とペソ円のスプレッド(買値と売値の金額差)は0.2銭なので、ポジション建てて即決済した場合の見込損失はたったの60円です。

Screenshot_20210826-064535_1

この案件はECナビからどうぞ。
公式サポーターになっているのでこちらからの登録でお得に始められます。

Screenshot_20210102-123649_1

▽他の案件の実績を見る▽


どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事では、僕が実践している手動トラリピ×代用有価証券という投資手法運用実績を公開していきます。

手動トラリピ×代用有価証券の運用イメージはこんな感じ。
IMG_20201101_202836

この運用のポイントは代用有価証券というサービスを利用して株式(ETF)をトラリピ(FXの手法)の証拠金にしているところ。

世界株や米国株の値上がり益を狙いつつトラリピでも利益を重ねられるため、資金効率抜群の取引手法です。

運用方法の詳細はこちら


手動トラリピ×代用有価証券の運用実績【運用22ヶ月目】


20211101_154554_0000

22ヶ月で+3,172,291円


2020年1月初めに運用を開始し、2021年10月末で運用期間は丸22ヶ月となりました。

運用成績は通算+3,172,291円となっています。

この成績は次の2つの成績を合わせたものです。


・手動トラリピの運用実績

・代用有価証券にしている株式の運用実績

それぞれの損益の推移をグラフにするとこんな感じです。

損益推移202110


この損益は、運用時価ベースです。

つまり、手動トラリピと株式の確定損益と評価損益を足した金額となっています。


手動トラリピの運用実績


まずは「手動トラリピ×代用有価証券」のうち手動トラリピの運用実績から紹介していきます。

当月決済利益


 290,990円(月利2.79%)
※月利は前月末FX証拠金に対する数値

2021年10月の1ヶ月間の決済利益です。

累計決済利益


3,323,200円(平均月利2.17%)


運用22ヶ月間の累計決済利益です。

平均月利は2.17%、平均すれば毎月15万円程度の決済利益が出ています。

決済利益は出金はせず、基本FX口座に入れっぱなし。

株式を購入するときだけ必要な金額を証券口座に現金を移します。

そして、購入した株式もFXの保証金にしています(代用有価証券)。

含み損益


-1,007,126円

2021年10月末の含み損です。

手動トラリピ 損益推移202110

このグラフのとおり、トラリピの含み損は増えたり減ったりします。

一方で、決済利益は確実に積み上がっていく。これがトラリピの特徴です。

赤線は差引損益(累計決済利益-含み損)

2021年10月末時点の差引損益は+2,318,074円

仮に今FXのポジションを全て精算して運用を終了したら、2,318,074円の利益で運用終了ということになります。

こちらは手動トラリピのみの運用成績で、代用有価証券にしている株式の投資成績は別です。

通貨ペア別の内訳と推移


豪ドル/円


豪ドル円202110

年月月別利益累計利益含み損益
2020.113,69413,694-70,778
2020.216,10829,802-174,606
2020.3233,468263,270-504,589
2020.463,142326,412-197,669
2020.547,968374,380-93,160
2020.681,933456,313-26,013
2020.726,211482,524-5,630
2020.817,249499,7732,232
2020.915,306515,079-38,961
2020.1020,640535,719-119,653
2020.1139,685575,404-15,567
2020.1220,662596,0662,888
2021.119,563615,629-4,022
2021.244,005659,634-81,014
2021.384,720744,354736
2021.434,210778,564-6,174
2021.542,122820,6861,386
2021.630,418851,104-29,792
2021.734,160885,264-201,278
2021.837,666922,930-207,422
2021.958,702981,632-220,736
2021.10106,0601,087,692-2,666

豪ドル/円は1,000通貨単位で運用を開始。2021年3月からは2,000通貨単位で運用しています。

現在の設定になってからは、月平均5万円程度の利益を出してくれています。

グラフのとおり、2020年3月のコロナショックを乗り越えてからは全く危うげなく利益を重ねています。

カナダドル/円


カナダドル円202110

年月月別利益累計利益含み損益
2020.100-34,855
2020.218,56618,566-82,511
2020.3145,705164,271-336,929
2020.433,811198,082-300,371
2020.535,005233,087-203,847
2020.648,405281,492-164,694
2020.725,230306,722-184,156
2020.850,444357,166-59,784
2020.910,812367,978-175,854
2020.1027,012394,990-217,170
2020.1154,088449,078-91,796
2020.1227,841476,919-60,747
2021.123,450500,369-37,559
2021.227,352527,721-16,522
2021.368,771596,4926,336
2021.443,276639,7685,832
2021.553,978693,7461,490
2021.639,642733,388-22,218
2021.751,380784,768-102,332
2021.857,712842,480-164,956
2021.952,908895,388-126,540
2021.1095,092990,480-7,062

カナダドル/円は1,000通貨単位で運用を開始。2020年6月からは2,000通貨単位で運用しています。

現在の設定になってからは、月平均5万円強の利益を出してくれています。

こちらもコロナショック以来、順調に推移しています。

豪ドル/米ドル


豪ドル米ドル202110

年月月別利益累計利益含み損益
2020.11,8631,863-40,064
2020.23,8925,755-114,211
2020.3161,938167,693-358,304
2020.455,616223,309-104,635
2020.532,790256,099-60,938
2020.647,406303,505-16,187
2020.723,807327,312-3,803
2020.821,203348,515987
2020.917,161365,676-32,681
2020.1019,997385,673-83,896
2020.1135,569421,242-35,596
2020.1239,938461,18086
2021.151,534512,714-41,474
2021.251,678564,392-89,940
2021.346,976611,368-161,152
2021.439,900651,268-105,036
2021.535,167686,435-87,965
2021.648,341734,776-374,196
2021.739,657774,433-691,874
2021.853,500827,933-798,814
2021.933,983861,916-1,082,332
2021.1049,762911,678-449,616

豪ドル/米ドルは1,000通貨単位で運用を開始。

2020年11月からは2,000通貨単位で運用しています。

なお、2021年6月から3カ月間4,000通貨単位で運用していましたが、現在は2000通貨単位に戻しています。

現在の設定になってからは、月平均4万円程度の利益を出してくれています。

いまのところ唯一のクロス円以外の通貨ペアです。

リスク分散のために複数通貨ペアで運用している訳ですが、その中にクロス円以外の通貨ペアを入れておく効果は大きいといえます。

単純に、急激な円安・円高になった場合、クロス円通貨ペアは含み損が急増しますが、クロス円以外の通貨ペアであれば円安・円高の影響は少ないはず。

ただし、リスクオフ相場では円高、かつ、ドル高になるので過信は禁物です。

ユーロ/円


ユーロ円202110

年月月別利益累計利益含み損益
2020.1113,24113,241-36,426
2020.12013,241-93,075
2021.115,47628,717-141,110
2021.21,10329,820-227,187
2021.344,52474,344-381,049
2021.46,63880,982-504,174
2021.56,61087,592-910,120
2021.664,176151,768-549,725
2021.775,910227,678-374,175
2021.831,430259,108-342,772
2021.936,166295,274-250,317
2021.1040,076335,350-547,782

ユーロ/円は1,000通貨単位で運用を開始。2021年3月からは2,000通貨単位で運用しています。

現在の設定になってからは、月平均4万円弱の利益を出してくれています。

運用開始から利益があまり出ず、含み損が増えている状況が続いてましたが、ここ半年位で多少挽回しました。

この通貨ペアだけ売りレンジで推移しているおかげで全体の含み損が安定しています。なので、単体の成績が悪くてもあまり気にしていません。

為替の流れが逆転して円高に進めば、他の通貨ペアが含み損が増えるなかユーロ/円は含み損を減らしながらポジションが次々と決済されるはず。

僕のトラリピ設定全体の中でみると、けっこう重要な通貨ペアとなっています。

合計決済利益

年月月別利益累計利益月利平均月利
2020.115,55715,5570.31%0.31%
2020.238,56654,1230.80%0.55%
2020.3541,111595,23411.60%4.24%
2020.4152,569747,8033.55%4.07%
2020.5115,763863,5662.31%3.72%
2020.6177,7441,041,3103.35%3.65%
2020.775,2481,116,5580.99%3.27%
2020.888,8961,205,4541.16%3.01%
2020.943,2791,248,7330.55%2.74%
2020.1067,6491,316,3820.89%2.55%
2020.11142,5831,458,9651.93%2.49%
2020.1288,4411,547,4061.01%2.37%
2021.1110,0231,657,4291.24%2.28%
2021.2124,1381,781,5671.40%2.22%
2021.3244,9912,026,5582.80%2.26%
2021.4124,0242,150,5821.39%2.21%
2021.5137,8772,288,4591.54%2.17%
2021.6182,5772,471,0362.10%2.16%
2021.7201,1072,672,1432.29%2.17%
2021.8180,3082,852,4512.11%2.17%
2021.9181,7593,034,2101.72%2.15%
2021.10290,9903,325,2002.79%2.17%
※月利は前月末FX証拠金に対する数値


決済額が最も少なかった月は2020年1月の約15,000円、最も多かった月は2020年3月の約541,000円(コロナショックで相場が大きく動いた月)。

これを見てわかるとおり、トラリピは月ごとの利益は安定しません。

長期的な視野で運用する手法ですので、のんびり屋さんに向いていて、すぐに結果を求める人には向いていない運用方法です。

最初に設定なり運用ルールを決めたらのんびり運用していきましょう(^^)

ただし、定期的な設定等の見直しは必要です。

含み損益合計


年月含み損益維持率
2020.1-145,6971692.95%
2020.2-371,328969.87%
2020.3-1,199,822515.02%
2020.4-602,675841.64%
2020.5-357,9451058.88%
2020.6-206,8941651.19%
2020.7-193,5891987.98%
2020.8-56,5653915.92%
2020.9-247,4961514.35%
2020.10-420,7191229.05%
2020.11-179,3851897.56%
2020.12-150,8481702.01%
2021.1-224,1651573.27%
2021.2-414,663943.15%
2021.3-535,129895.93%
2021.4-609,552839.12%
2021.5-995,209668.13%
2021.6-975,931565.74%
2021.7-1,369,659465.04%
2021.8-1,513,964531.72%
2021.9-1,679,925548.09%
2021.10-1,007,126765.12%

運用を開始してから僅か3ヵ月後の2020年3月頃、コロナショックの影響で約120万円程度の含み損がありました。

この120万円というのは月末時点の評価額で、月中には含み損が200万円を超えたタイミングも(;^ω^)

別記事でも書いていますが、僕は追加できる資金が多少あるのでわりと強気の設定を組んでいます。

それでも、運用開始わずか3ヶ月の利益がほとんど積み上がっていない段階で、コロナショック程度のショック相場を食らっても耐えられる位の安全設定にはなっています。

ちなみに2020年3月は決済利益も最大で約54万円、月利は驚異の11.6%でした。

相場の動きが利益の源泉のトラリピにとって暴落・暴騰は友達。むしろ、暴落・暴騰待ちの手法と言っても過言ではありません。

暴落・暴騰は来たら嬉しいものであって、恐れるものではありません。

暴落・暴騰が来てもハラハラではなくニコニコできるような安全設定を組みましょう。

続きを読む

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「イオンカード【コスモ・ザ・カード・オーパス」の発行を「ポイントタウン」から申し込んでみました。

イオンカード【コスモ・ザ・カード・オーパス


案件の詳細

Screenshot_20211015-064406_1
Screenshot_20211015-064114_1

ポイントサイト


ポイントタウン

獲得(見込)ポイント


8,000円相当 ポイントタウン
10,000円相当 公式キャンペーン

必要経費


なし(入会金・年会費無料)

経過&実績


2021.10.15 6:30 申込み
スマホから5分程度で申込み完了

2021.10.15 7:00
予定明細に反映されていることを確認
Screenshot_20211015-065852_1_1

2021.10.22
カード発行する旨のメールを受信

2021.10.23
カード到着
佐川で受取時に本人確認が必要でした

2021.10.29
ポイント付与 8,000円獲得!

感想とか


クレカを発行するだけで合計18,000相当のポイントがゲットできる案件。


内訳は、
ポイントタウン 8,000円相当
公式キャンペーン 10,000円相当

さらにポイントタウン新規なら、紹介リンクから登録してこの案件に取り組めば2,000円相当が上乗せされます。

Screenshot_20211015-060343_1

公式キャンペーン10,000円相当の内訳は画像のとおり


Screenshot_20211015-053853_1
Screenshot_20211015-053907_1
Screenshot_20211015-053927_1

発行するだけで1,000円相当。

2022.2.10までに10万円以上使えば9,000円相当。

無駄使いせず、スーパーやドラッグストアなど、普段の生活の中で使い切りましょう。

この案件はポイントタウンからどうぞ。


▽他の案件の実績を見る▽

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事では僕が実践している手動トラリピ×代用有価証券運用実績を公開していきます。

手動トラリピ×代用有価証券の運用イメージはこんな感じ。
IMG_20201101_202836

この運用のポイントは代用有価証券というサービスを利用して株式(ETF)をトラリピ(FXの手法)の証拠金にしているところ。

世界株や米国株の値上がり益を狙いつつトラリピでも利益を重ねられるため、資金効率抜群の取引手法です。

運用方法の詳細はこちら


手動トラリピ×代用有価証券の運用実績【運用21ヶ月目】


20211003_090713_0000


21ヶ月で+1,977,384円


2020年1月初めに運用を開始し、2021年9月末で運用期間は丸21ヶ月となりました。

運用成績は通算+1,977,384円となっています。

この成績は次の2つの成績を合わせたもの。


・手動トラリピの運用実績

・代用有価証券にしているETFの運用実績


それでは運用成績を手動トラリピ・代用有価証券の順に紹介していきます。

手動トラリピの運用実績


まずは「手動トラリピ×代用有価証券」のうち手動トラリピの運用実績から紹介していきます。

当月決済利益


 181,759円(月利1.72%)
※月利は前月末FX証拠金に対する数値

2021年9月の1ヶ月間の決済利益です。

累計決済利益


3,034,210円(平均月利2.15%)


運用21ヶ月間の累計決済利益です。

平均月利は2.15%、平均すれば毎月14万円程度の決済利益が出ています。

決済利益は出金はせずに口座に入れっぱなし。

利益が貯まったらポジションを増やすという方法で複利運用をしていきます。

含み損益


-1,679,925円

2021年9月末の含み損です。

手動トラリピ 損益推移202109


このグラフのとおり、含み損は増えたり減ったりします。

一方で、決済利益は確実に積み上がっていく。これがトラリピの特徴です。

赤線は差引損益(累計決済利益-含み損)

2021年9月末時点の差引損益は+1,354,285円

仮に今FXのポジションを全て精算して運用を終了したら、1,354,285円の利益で運用終了ということになります。

こちらは手動トラリピのみの運用成績で、代用有価証券にしているETFの投資成績は別です。

通貨ペア別の内訳と推移


豪ドル/円


豪ドル円202109

年月月別利益累計利益含み損益
2020.113,69413,694-70,778
2020.216,10829,802-174,606
2020.3233,468263,270-504,589
2020.463,142326,412-197,669
2020.547,968374,380-93,160
2020.681,933456,313-26,013
2020.726,211482,524-5,630
2020.817,249499,7732,232
2020.915,306515,079-38,961
2020.1020,640535,719-119,653
2020.1139,685575,404-15,567
2020.1220,662596,0662,888
2021.119,563615,629-4,022
2021.244,005659,634-81,014
2021.384,720744,354736
2021.434,210778,564-6,174
2021.542,122820,6861,386
2021.630,418851,104-29,792
2021.734,160885,264-201,278
2021.837,666922,930-207,422
2021.958,702981,632-220,736

豪ドル/円は1,000通貨単位で運用を開始。2021年3月からは2,000通貨単位で運用しています。

現在の設定になってからは、月平均4万円強の利益を出してくれています。

グラフのとおり、2020年3月のコロナショックを乗り越えてからは全く危うげなく利益を重ねています。

7月頃からようやく多少の含み損が出てきました。トラリピにおいて含み損は利益の源泉なので、もっと下げてもいいと思ってます。

カナダドル/円


カナダドル円202109

年月月別利益累計利益含み損益
2020.100-34,855
2020.218,56618,566-82,511
2020.3145,705164,271-336,929
2020.433,811198,082-300,371
2020.535,005233,087-203,847
2020.648,405281,492-164,694
2020.725,230306,722-184,156
2020.850,444357,166-59,784
2020.910,812367,978-175,854
2020.1027,012394,990-217,170
2020.1154,088449,078-91,796
2020.1227,841476,919-60,747
2021.123,450500,369-37,559
2021.227,352527,721-16,522
2021.368,771596,4926,336
2021.443,276639,7685,832
2021.553,978693,7461,490
2021.639,642733,388-22,218
2021.751,380784,768-102,332
2021.857,712842,480-164,956
2021.952,908895,388-126,540

カナダドル/円は1,000通貨単位で運用を開始。2020年6月からは2,000通貨単位で運用しています。


月平均4万円の利益を出してくれています。

こちらもコロナショック以来、順調に推移しています。

といってもコロナショックの頃がヤバかったというわけではなく、むしろぶっちぎりで利益が出ていました。
トラリピはショック相場を乗りこなせるかどうかが運用の鍵となります。

豪ドル/米ドル


豪ドル米ドル202109

年月月別利益累計利益含み損益
2020.11,8631,863-40,064
2020.23,8925,755-114,211
2020.3161,938167,693-358,304
2020.455,616223,309-104,635
2020.532,790256,099-60,938
2020.647,406303,505-16,187
2020.723,807327,312-3,803
2020.821,203348,515987
2020.917,161365,676-32,681
2020.1019,997385,673-83,896
2020.1135,569421,242-35,596
2020.1239,938461,18086
2021.151,534512,714-41,474
2021.251,678564,392-89,940
2021.346,976611,368-161,152
2021.439,900651,268-105,036
2021.535,167686,435-87,965
2021.648,341734,776-374,196
2021.739,657774,433-691,874
2021.853,500827,933-798,814
2021.933,983861,916-1,082,332

豪ドル/米ドルは1,000通貨単位で運用を開始。2020年11月からは2,000通貨単位で運用しています。なお、2021年6月から3カ月間4,000通貨単位で運用していましたが、現在は2000通貨単位に戻しています。


月平均4万円強の利益を出してくれています。

いまのところ唯一のクロス円以外の通貨ペアです。

リスク分散のために複数通貨ペアで運用している訳ですが、その中にクロス円以外の通貨ペアを入れておく効果は大きいといえます。

単純に、急激な円安・円高になった場合、クロス円通貨ペアは含み損が急増しますが、クロス円以外の通貨ペアであれば円安・円高の影響は少ないはず。

ただし、リスクオフ相場では円高、かつ、ドル高になるので過信は禁物です。

ユーロ/円


ユーロ円202109

年月月別利益累計利益含み損益
2020.1113,24113,241-36,426
2020.12013,241-93,075
2021.115,47628,717-141,110
2021.21,10329,820-227,187
2021.344,52474,344-381,049
2021.46,63880,982-504,174
2021.56,61087,592-910,120
2021.664,176151,768-549,725
2021.775,910227,678-374,175
2021.831,430259,108-342,772
2021.936,166295,274-250,317

ユーロ/円は1,000通貨単位で運用を開始。2021年3月からは2,000通貨単位で運用しています。


現在の設定になってからは、月平均4万円弱の利益を出してくれています。

運用開始から利益があまり出ず、含み損が増えている状況が続いてましたが、ここ数ヶ月で多少挽回しました。


この通貨ペアだけ売りレンジで推移しているおかげで全体の含み損が安定しています。なので、単体の成績が悪くてもあまり気にしていません。

為替の流れが逆転して円高に進めば、他の通貨ペアが含み損が増えるなかユーロ/円は含み損を減らしながらポジションが次々と決済されるはず。

僕のトラリピ設定全体の中でみると、けっこう重要な通貨ペアとなっています。

合計決済利益


年月月別利益累計利益月利平均月利
2020.115,55715,5570.31%0.31%
2020.238,56654,1230.80%0.55%
2020.3541,111595,23411.60%4.24%
2020.4152,569747,8033.55%4.07%
2020.5115,763863,5662.31%3.72%
2020.6177,7441,041,3103.35%3.65%
2020.775,2481,116,5580.99%3.27%
2020.888,8961,205,4541.16%3.01%
2020.943,2791,248,7330.55%2.74%
2020.1067,6491,316,3820.89%2.55%
2020.11142,5831,458,9651.93%2.49%
2020.1288,4411,547,4061.01%2.37%
2021.1110,0231,657,4291.24%2.28%
2021.2124,1381,781,5671.40%2.22%
2021.3244,9912,026,5582.80%2.26%
2021.4124,0242,150,5821.39%2.21%
2021.5137,8772,288,4591.54%2.17%
2021.6182,5772,471,0362.10%2.16%
2021.7201,1072,672,1432.29%2.17%
2021.8180,3082,852,4512.11%2.17%
2021.9181,7593,034,2101.72%2.15%
※月利は前月末FX証拠金に対する数値

決済額が最も少なかった月は2020年1月の約15,000円、最も多かった月は2020年3月の約541,000円(コロナショックで相場が大きく動いた月)。

これを見てわかるとおり、トラリピは月ごとの利益は安定しません。

長期的な視野で運用する手法ですので、のんびり屋さんに向いていて、すぐに結果を求める人には向いていない運用方法です。

最初に設定なり運用ルールを決めたらのんびり運用していきましょう(^^)

ただし、定期的な設定等の見直しは必要です。

含み損益合計


年月含み損益維持率
2020.1-145,6971692.95%
2020.2-371,328969.87%
2020.3-1,199,822515.02%
2020.4-602,675841.64%
2020.5-357,9451058.88%
2020.6-206,8941651.19%
2020.7-193,5891987.98%
2020.8-56,5653915.92%
2020.9-247,4961514.35%
2020.10-420,7191229.05%
2020.11-179,3851897.56%
2020.12-150,8481702.01%
2021.1-224,1651573.27%
2021.2-414,663943.15%
2021.3-535,129895.93%
2021.4-609,552839.12%
2021.5-995,209668.13%
2021.6-975,931565.74%
2021.7-1,369,659465.04%
2021.8-1,513,964531.72%
2021.9-1,679,925548.09%

運用を開始してから僅か3ヵ月後の2020年3月頃、コロナショックの影響で約120万円程度の含み損がありました。

この120万円というのは月末時点の評価額で、月中には含み損が200万円を超えたタイミングも(;^ω^)

別記事でも書いていますが、僕は追加できる資金が多少あるのでわりと強気の設定を組んでいますが、それでも運用開始わずか3ヶ月の利益がほとんど積み上がっていない段階でコロナショック程度のショック相場を食らっても耐えられる位の安全設定にはなっています。


ちなみに2020年3月は決済利益も最大で約54万円、月利は驚異の11.6%でした。

相場の動きが利益の源泉のトラリピにとって暴落・暴騰は友達。むしろ、暴落・暴騰待ちの手法と言っても過言ではありません。

暴落・暴騰は来たら嬉しいものであって、恐れるものではありません。

暴落・暴騰が来てもハラハラではなくウキウキできるような安全設定を組みましょう。

証拠金(2021年9月末)


 10,431,884円
(証拠金維持率548.09%)

これまでの投資総額はちょうど1,000万円。

現金と、この現金の中から毎月積立購入しているETFを証拠金に組み入れています。
ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、日本語でいうと上場投資信託のこと。その名のとおり上場しており、株式同様に売買することができます。株式と投資信託の特徴を併せ持った金融商品といえます。

保有している株式やETFをFX取引等の証拠金とすることを代用有価証券といいます。

auカブコム証券では、株式やETFの代用有価証券としての評価額は時価の70%で計算されます。

このため、証拠金の額は運用時価(11,977,384円)より低いものとなるのです。

証拠金の内訳と推移

現金証拠金
(A)
含み損
(B)
代用有価
証券評価額
(C)
差引証拠金
(A+B+C)
運用開始5,000,0005,000,000
2020.14,918,663-145,69768,2154,841,181
2020.24,963,034-371,32872,1004,663,806
2020.35,212,955-1,199,822279,5594,292,692
2020.45,160,489-602,675447,6225,005,436
2020.55,054,962-357,945612,1785,309,195
2020.67,005,536-206,894788,0887,586,730
2020.76,882,017-193,589976,0947,664,522
2020.86,764,906-56,5651,164,4787,872,819
2020.96,609,760-247,4961,251,0617,613,325
2020.106,460,997-420,7191,347,7247,388,002
2020.117,407,203-179,3851,534,2258,762,043
2020.127,282,167-150,8481,740,1028,871,421
2021.17,202,055-224,1651,874,5148,852,404
2021.27,140,995-414,6632,017,8998,744,231
2021.37,099,085-535,1292,352,8548,916,810
2021.46,928,978-609,5522,624,2938,943,719
2021.56,748,553-995,2092,953,4898,706,833
2021.66,615,645-975,9313,131,4508,771,164
2021.76,533,568-1,369,6593,365,7938,529,702
2021.88,425,793-1,513,9643,649,28610,561,115
2021.98,333,289-1,679,9253,778,52010,431,884
※投資金額

2020年1月:500万円、2020年6月:200万円、2020年11月:100万円、2021年8月:200万円計:1,000万円

毎月ETFを積立購入し、代用有価証券にしています。そのため、証拠金に占める代用有価証券の割合が上がってきています。
続きを読む

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、お得情報通の僕が注目している案件やキャンペーン情報を厳選して紹介していきます。

お手軽案件


TikTok 招待キャンペーン


ここからダウンロード
②招待コード【AB6780202】入力

アマギフ500円分がすぐ貰えます。

みんなの銀行 紹介キャンペーン


ここからダウンロード

②紹介コード【JoelogBZ】の入力

Ponta増量


Ponta→auPAYマーケット限定ポイントへの交換で
50%増量(月10000ポイントまで)
10%増量(月100000ぼまで)

増量はここから


STREAM


通常報酬より300円高い特別報酬のURLを貰っています。


報酬
3,300円相当(ポイントサイト)

500円(招待キャンペーン)
最大5,000円相当の株式(口座開設キャンペーン)

手順
①ポイントインカム経由でアプリインストール

②登録時に招待コード【ULVAB2】入力
③口座開設後、株取引すれば条件達成

ポイントインカム 新規登録 

特別報酬リンク
iosはこちら
androidはこちら


高報酬案件


外為どっとコム


報酬
20,000円相当(ポイントサイト)
4,000円相当(公式キャンペーン)

見込費用
600円
(メキシコペソ円スプ0.2銭×30万通貨取引)

手順
ハピタス経由で口座開設し、30万通貨取引
※公式キャンペーンのキャッシュバック条件は画像のとおり
Screenshot_20210723-041936_1
ハピタス 新規登録 この案件


マネックス証券FXPLUS


報酬
9,000円相当

見込費用
20円
(ドル円スプ0.2銭×1万通貨取引)

手順
ECナビ経由で口座開設し、FXで1万通貨取引


ECナビ 新規登録 この案件

 

dカードGOLD


報酬
23,500円相当(ポイントサイト)
最大13,000円相当(公式キャンペーン)

見込費用
11,000円(年会費)

手順
ライフメディア等を経由して発行申込み


ライフメディア 新規登録 この案件

リミックスでんき


報酬
14,000円相当

見込費用
なし

手順

ECナビ経由で電力切り替え申し込み

ECナビ 新規登録 この案件

おまけ


ポイントサイト取組実績


ポイントサイトで取り組んだ案件のうち、高額案件は経過を記事に残しています。

2021年は7個の案件に取り組み53,760円ゲットしています!
2020年は、12個の案件に取り組み162,000円ゲットしました!

2019年は、29個の案件に取り組み335,200円ゲットしました!


おすすめポイントサイト


10個以上のポイントサイトを使っていますが、特におすすめのサイトを6つ紹介します。

どのポイントサイトも紹介リンクからの登録がお得になっていますし、僕にも特典があるのでwin-winです(=^・^=)

ハピタス


高額報酬を連発中の注目サイト

こちらから登録で最大1,000円相当のポイントが貰えます。

ECナビ

Screenshot_20210102-123649_1

公式サポーターになってます。

こちらからの登録で最大1,350円相当のポイントが貰えます(通常より200円増)。

ポイントインカム

nekoking_300_250

こちらからの登録で300円相当のポイントが貰えます。

げっとま


こちらからの登録で200円相当のポイントが貰えます。

モッピー


こちらから登録で最大2,000円相当のポイントが貰えます。


ライフメディア


こちらから登録で最大500円相当のポイントが貰えます。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。


お得情報の移り変わりは目まぐるしく、早いもの勝ちの案件も少なくありません。

僕はお得情報を日々追い掛け、この記事を随時更新していますので、よければまた覗きに来てください(=^・^=)

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


人気案件で最高報酬連発中のポイントサイト「ハピタス

ハピタスではゴールドランクになるとポイント交換時に最大5%のボーナスポイントが貰えます。

ゴールドランクになれば、報酬2万円相当のFX案件で21,000円相当のポイントが獲得できるようになるわけです。

ゴールドランクになる条件は次の2つ
①広告を12件以上利用
②5,000ポイント以上獲得
※どちらも過去12ヶ月間の状況で判定
※ハピタスは1ポイント1円相当です

というわけでこの記事ではゴールドランク修行におすすめの案件を紹介していきます。

ハピタス ゴールドランク修行 おすすめ案件


件数稼ぎのおすすめ案件


ルナルナ


条件 
3記事で「いいね」クリック

獲得 
1ポイント

見込所要時間 
1分

ルナルナ案件はこちら

モナラボ


条件 
3記事で「参考になった」クリック

獲得 
3ポイント

見込所要時間 
1分

モナラボ案件はこちら

マネーステップ


条件 
アプリインストール後の起動

獲得 
83ポイント

見込所要時間 
1分

マネーステップ(ios)案件はこちら
マネーステップ(android)案件はこちら

SNOW


条件 
アプリインストール後の起動

獲得 
10ポイント

見込所要時間 
1分

SNOW(ios)案件はこちら
SNOW(android)案件はこちら

SODA


条件 
アプリインストール後の起動

獲得 
10ポイント

見込所要時間 
1分

SODA(ios)案件はこちら
SODA(Android)案件はこちら

VITA


条件 
アプリインストール後の起動

獲得 
13ポイント

見込所要時間 
1分

VITA(ios)案件はこちら

Shufoo!チラシアプリ


条件 
アプリインストール後の無料会員登録

獲得 
25ポイント

見込所要時間 
5分

Shufoo!チラシアプリ(ios)案件はこちら
Shufoo!チラシアプリ(android)案件はこちら

テンプレートBANK


条件 
無料会員登録

獲得 
12ポイント

見込所要時間 
5分

テンプレートBANK案件はこちら

マンガBANG!


条件 
アプリインストール後、当日の読書と翌日の読書

獲得 
50ポイント

見込所要時間 
2分×2日

マンガBANG!案件はこちら
※androidのみ

楽天関係


楽天ユーザーなら買い回りやSPU上げをしながらランク修行もできます。

楽天市場はこちら

楽天24はこちら

楽天ブックスはこちら

楽天koboはこちら

楽天トラベル(国内宿泊等)はこちら

楽天Beautyはこちら

他通販サイト


Yahoo!ショッピング・PayPayモールはこちら

au PAYマーケットはこちら

dショッピングはこちら

ひかりTVショッピングはこちら

Qoo10はこちら

5000ポイント以上獲得できるおすすめ案件


マネックス証券 FXPLUS


条件 
口座開設+60日以内に新規建1万通貨以上の取引完了

獲得 
7,000ポイント

マネックス証券 FXPLUS案件はこちら

GMOクリック証券 FXネオ


条件 
新規口座開設+片道3万通貨取引完了

獲得 
5,000ポイント

GMOクリック証券 FXネオ案件はこちら


こちらのおすすめ案件紹介記事でも、ハピタス案件を沢山紹介してます。


これからハピタスに登録する方は招待リンクからの登録で1000ポイント貰えます。
※10月中に500ポイント以上の案件に取組み、11月末までに確定することが条件

お得な招待リンクはこちら

最後までご覧いただきありがとうございました。

ハピタス修行におすすめの案件がありましたら、コメントやTwitterのリプ・DMで教えていただけると嬉しいです(=^・^=)

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です。


この記事では僕が実践している手動トラリピ×代用有価証券運用実績を公開していきます。

手動トラリピ×代用有価証券の運用イメージはこんな感じ。
IMG_20201101_202836

この運用のポイントは代用有価証券というサービスを利用して株式(ETF)をトラリピ(FXの手法)の証拠金にしているところ。

世界株や米国株の値上がり益を狙いつつトラリピでも利益を重ねられるため、資金効率抜群の取引手法です。

運用方法の詳細はこちら


手動トラリピ×代用有価証券の運用実績【運用20ヶ月目】


20210907_202228_0000


20ヶ月で+2,125,094円


2020年1月初めに運用を開始し、2021年8月末で運用期間は丸20ヶ月となりました。

運用成績は通算+2,125,094円となっています。

この成績は次の2つの成績を合わせたもの。


・手動トラリピの運用実績

・代用有価証券にしているETFの運用実績


それでは運用成績を手動トラリピ・代用有価証券の順に紹介していきます。

手動トラリピの運用実績


まずは「手動トラリピ×代用有価証券」のうち手動トラリピの運用実績から紹介していきます。

当月決済利益


 180,308円(月利2.11%)
※月利は前月末FX証拠金に対する数値

2021年8月の1ヶ月間の決済利益です。

累計決済利益


2,852,451円(平均月利2.17%)


運用20ヶ月間の累計決済利益です。

平均月利は2.17%、平均すれば毎月14万円程度の決済利益が出ています。

決済利益は出金はせずに口座に入れっぱなし。

利益が貯まったらポジションを増やすという方法で複利運用をしていきます。

含み損益


-1,513,964円

2021年8月末の含み損です。

手動トラリピ 損益推移202108


このグラフのとおり、含み損は増えたり減ったりします。

一方で、決済利益は確実に積み上がっていく。これがトラリピの特徴です。

赤線は差引損益(累計決済利益-含み損)

2021年8月末時点の差引損益は+1,338,487円

仮に今FXのポジションを全て精算して運用を終了したら、1,338,487円の利益で運用終了ということになります。

こちらは手動トラリピのみの運用成績で、代用有価証券にしているETFの投資成績は別です。

通貨ペア別の内訳と推移


豪ドル/円


豪ドル円202108

年月月別利益累計利益含み損益
2020.113,69413,694-70,778
2020.216,10829,802-174,606
2020.3233,468263,270-504,589
2020.463,142326,412-197,669
2020.547,968374,380-93,160
2020.681,933456,313-26,013
2020.726,211482,524-5,630
2020.817,249499,7732,232
2020.915,306515,079-38,961
2020.1020,640535,719-119,653
2020.1139,685575,404-15,567
2020.1220,662596,0662,888
2021.119,563615,629-4,022
2021.244,005659,634-81,014
2021.384,720744,354736
2021.434,210778,564-6,174
2021.542,122820,6861,386
2021.630,418851,104-29,792
2021.734,160885,264-201,278
2021.837,666922,930-207,422

豪ドル/円は1,000通貨単位で運用を開始。2021年3月からは2,000通貨単位で運用しています。


現在の設定になってからは、月平均4万円強の利益を出してくれています。

グラフのとおり、2020年3月のコロナショックを乗り越えてからは全く危うげなく利益を重ねています。

最近の円高でようやく多少の含み損が出てきました。
トラリピにおいて含み損は利益の源泉なので、もっと下げてもいいと思ってます。

カナダドル/円


カナダドル円202108

年月月別利益累計利益含み損益
2020.100-34,855
2020.218,56618,566-82,511
2020.3145,705164,271-336,929
2020.433,811198,082-300,371
2020.535,005233,087-203,847
2020.648,405281,492-164,694
2020.725,230306,722-184,156
2020.850,444357,166-59,784
2020.910,812367,978-175,854
2020.1027,012394,990-217,170
2020.1154,088449,078-91,796
2020.1227,841476,919-60,747
2021.123,450500,369-37,559
2021.227,352527,721-16,522
2021.368,771596,4926,336
2021.443,276639,7685,832
2021.553,978693,7461,490
2021.639,642733,388-22,218
2021.751,380784,768-102,332
2021.857,712842,480-164,956

カナダドル/円は1,000通貨単位で運用を開始。2020年6月からは2,000通貨単位で運用しています。


現在の設定になってからは、月平均5万円弱の利益を出してくれています。

こちらもコロナショック以来、順調に推移しています。

といってもコロナショックの頃がヤバかったというわけではなく、むしろぶっちぎりで利益が出ていました。
トラリピはショック相場を乗りこなせるかどうかが運用の鍵となります。

豪ドル/米ドル


豪ドル米ドル202108

年月月別利益累計利益含み損益
2020.11,8631,863-40,064
2020.23,8925,755-114,211
2020.3161,938167,693-358,304
2020.455,616223,309-104,635
2020.532,790256,099-60,938
2020.647,406303,505-16,187
2020.723,807327,312-3,803
2020.821,203348,515987
2020.917,161365,676-32,681
2020.1019,997385,673-83,896
2020.1135,569421,242-35,596
2020.1239,938461,18086
2021.151,534512,714-41,474
2021.251,678564,392-89,940
2021.346,976611,368-161,152
2021.439,900651,268-105,036
2021.535,167686,435-87,965
2021.648,341734,776-374,196
2021.739,657774,433-691,874
2021.853,500827,933-798,814

豪ドル/米ドルは1,000通貨単位で運用を開始。2020年11月に2,000通貨単位に増口。2021年6月からは4,000通貨単位で運用しています。


現在の設定になってからは、月平均4.5万円程度の利益を出してくれています。

いまのところ唯一のクロス円以外の通貨ペアです。

リスク分散のために複数通貨ペアで運用している訳ですが、その中にクロス円以外の通貨ペアを入れておく効果は大きいといえます。

単純に、急激な円安・円高になった場合、クロス円通貨ペアは含み損が急増しますが、クロス円以外の通貨ペアであれば円安・円高の影響は少ないはず。

ただし、リスクオフ相場では円高、かつ、ドル高になるので過信は禁物です。
今年の6月から他通貨の倍(4000通貨単位)で運用していることもあり、含み損が拡大していますが、許容範囲です。

ユーロ/円


ユーロ円202108

年月月別利益累計利益含み損益
2020.1113,24113,241-36,426
2020.12013,241-93,075
2021.115,47628,717-141,110
2021.21,10329,820-227,187
2021.344,52474,344-381,049
2021.46,63880,982-504,174
2021.56,61087,592-910,120
2021.664,176151,768-549,725
2021.775,910227,678-374,175
2021.831,430259,108-342,772

ユーロ/円は1,000通貨単位で運用を開始。2021年3月からは2,000通貨単位で運用しています。


現在の設定になってからは、月平均4万円弱の利益を出してくれています。

運用開始から利益があまり出ず、含み損が増えている状況が続いてましたが、ここ数ヶ月で多少挽回。
この通貨ペアだけ売りレンジで推移しているおかげで全体の含み損が安定しています。なので、単体の成績が悪くてもあまり気にしていません。

為替の流れが逆転して円高に進めば、他の通貨ペアが含み損が増えるなかユーロ/円は含み損を減らしながらポジションが次々と決済されるはず。

僕のトラリピ設定全体の中でみると、けっこう重要な通貨ペアとなっています。


【合計決済利益】
年月月別利益累計利益月利平均月利
2020.115,55715,5570.31%0.31%
2020.238,56654,1230.80%0.55%
2020.3541,111595,23411.60%4.24%
2020.4152,569747,8033.55%4.07%
2020.5115,763863,5662.31%3.72%
2020.6177,7441,041,3103.35%3.65%
2020.775,2481,116,5580.99%3.27%
2020.888,8961,205,4541.16%3.01%
2020.943,2791,248,7330.55%2.74%
2020.1067,6491,316,3820.89%2.55%
2020.11142,5831,458,9651.93%2.49%
2020.1288,4411,547,4061.01%2.37%
2021.1110,0231,657,4291.24%2.28%
2021.2124,1381,781,5671.40%2.22%
2021.3244,9912,026,5582.80%2.26%
2021.4124,0242,150,5821.39%2.21%
2021.5137,8772,288,4591.54%2.17%
2021.6182,5772,471,0362.10%2.16%
2021.7201,1072,672,1432.29%2.17%
2021.8180,3082,852,4512.11%2.17%
※月利は前月末FX証拠金に対する数値

決済額が最も少なかった月は2020年1月の約15,000円、最も多かった月は2020年3月の約541,000円(コロナショックで相場が大きく動いた月)。

これを見てわかるとおり、トラリピは月ごとの利益は安定しません。

長期的な視野で運用する手法ですので、のんびり屋さんに向いていて、すぐに結果を求める人には向いていない運用方法です。

最初に設定なり運用ルールを決めたらのんびり運用していきましょう(^^)

ただし、定期的な設定等の見直しは必要です。


【含み損益合計】
年月含み損益維持率
2020.1-145,6971692.95%
2020.2-371,328969.87%
2020.3-1,199,822515.02%
2020.4-602,675841.64%
2020.5-357,9451058.88%
2020.6-206,8941651.19%
2020.7-193,5891987.98%
2020.8-56,5653915.92%
2020.9-247,4961514.35%
2020.10-420,7191229.05%
2020.11-179,3851897.56%
2020.12-150,8481702.01%
2021.1-224,1651573.27%
2021.2-414,663943.15%
2021.3-535,129895.93%
2021.4-609,552839.12%
2021.5-995,209668.13%
2021.6-975,931565.74%
2021.7-1,369,659465.04%
2021.8-1,513,964531.72%

運用を開始してから僅か3ヵ月後の2020年3月頃、コロナショックの影響で約120万円程度の含み損がありました。

この120万円というのは月末時点の評価額で、月中には含み損が200万円を超えたタイミングも(;^ω^)

別記事でも書いていますが、僕は追加できる資金が多少あるのでわりと強気の設定を組んでいますが、それでも運用開始わずか3ヶ月の利益がほとんど積み上がっていない段階でコロナショック程度のショック相場を食らっても耐えられる位の安全設定にはなっています。


ちなみに2020年3月は決済利益も最大で約54万円、月利は驚異の11.6%でした。

相場の動きが利益の源泉のトラリピにとって暴落・暴騰は友達。むしろ、暴落・暴騰待ちの手法と言っても過言ではありません。

暴落・暴騰は来たら嬉しいものであって、恐れるものではありません。

暴落・暴騰が来てもハラハラではなくウキウキできるような安全設定を組みましょう。

証拠金(2021年8月末)


 10,561,115円
(証拠金維持率531.72%)

これまでの投資総額は1,000万円。

現金と、この現金の中から毎月積立購入しているETFを証拠金に組み入れています。
ETFとは、Exchange Traded Fund の略で、日本語でいうと上場投資信託のこと。その名のとおり上場しており、株式同様に売買することができます。株式と投資信託の特徴を併せ持った金融商品といえます。

保有している株式やETFをFX取引等の証拠金とすることを代用有価証券といいます。

auカブコム証券では、株式やETFの代用有価証券としての評価額は時価の70%で計算されます。

このため、証拠金の額は運用時価(12,125,094円)より低いものとなるのです。

証拠金の内訳と推移


現金証拠金
(A)
含み損
(B)
代用有価
証券評価額
(C)
差引証拠金
(A+B+C)
運用開始5,000,0005,000,000
2020.14,918,663-145,69768,2154,841,181
2020.24,963,034-371,32872,1004,663,806
2020.35,212,955-1,199,822279,5594,292,692
2020.45,160,489-602,675447,6225,005,436
2020.55,054,962-357,945612,1785,309,195
2020.67,005,536-206,894788,0887,586,730
2020.76,882,017-193,589976,0947,664,522
2020.86,764,906-56,5651,164,4787,872,819
2020.96,609,760-247,4961,251,0617,613,325
2020.106,460,997-420,7191,347,7247,388,002
2020.117,407,203-179,3851,534,2258,762,043
2020.127,282,167-150,8481,740,1028,871,421
2021.17,202,055-224,1651,874,5148,852,404
2021.27,140,995-414,6632,017,8998,744,231
2021.37,099,085-535,1292,352,8548,916,810
2021.46,928,978-609,5522,624,2938,943,719
2021.56,748,553-995,2092,953,4898,706,833
2021.66,615,645-975,9313,131,4508,771,164
2021.76,533,568-1,369,6593,365,7938,529,702
2021.88,425,793-1,513,9643,649,28610,561,115
※投資金額

2020年1月:500万円、2020年6月:200万円、2020年11月:100万円、2021年8月、計:1,000万円

毎月ETFを積立購入し、代用有価証券にしています。そのため、証拠金に占める代用有価証券の割合が上がってきています。
続きを読む

どうも、ネコキング(@king_of_cat)です!


この記事では、僕のポイ活の経過と実績を報告していきます。

今回は「FXプライム」の口座開設を「モッピー」から申し込んでみました。

FXプライム byGMO

案件の詳細

Screenshot_20210612-133800_1

Screenshot_20210612-133736_1

ポイントサイト


モッピー

獲得(見込)ポイント


モッピーから5,000円相当
公式キャンペーンで4000円

必要経費


実績1,440円

見込1,500円(ドル円スプ0.3銭×50万通貨)

経過&実績


2021.6.12 14:00 申込み

2021.6.12 17:00
モッピーの履歴に反映されていることを確認

2021.6.18
口座開設通知受領
簡易書留で届きました

2021.6.21
条件達成
10万円入金、2万通貨売買を25セット
損失は1,440円でした

2021.8.13
公式キャンペーンキャシュバック入金
4,000円獲得!

2021.8.26
ポイント付与5,000円獲得!

感想とか


モッピー経由でFXプライムに口座開設し、30万通貨取引で5000円。



ドル円のスプレッド(買値と売値の金額差)は0.3銭なので、ポジション建てて即決済した場合の見込損失は900円。

Screenshot_20210612-133845_1


FXプライム側の公式キャンペーンでも、アプリ使用+10万通貨取引で3,000円貰えます。

Screenshot_20210612-133947_1


このキャンペーンは50万通貨取引をすればキャッシュバックが+1,000円。

50万通貨取引した場合の見込損失は1,500円。

モッピー側の条件である30万通貨と比べ、見込損失600円増で報酬1,000円増。

正直30万通貨取引も50万通貨取引も手間はさほど変わらない(スマホアプリから5分位?)ので50万通貨取引する予定です。

見込損失1,500円を差し引いた見込利益は7,500円。

他にも爆益案件がけっこうあるのでそちら優先ですが、主だった案件をやり尽くした方なら突撃してもいい水準だと思います。

▽他の爆益案件(2021.6現在)

この案件はモッピーからどうぞ。


▽他の案件の実績を見る▽


↑このページのトップヘ